スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『ルーズヴェルト・ゲーム』

池井戸潤の『ルーズヴェルト・ゲーム』読み終わりました。

自分には合わないかなーと、なかなか読み進められませんでしたが、
1/3だったか、半分くらいだったか、まぁある程度読み終えたところで
面白くなってきて一気に読めました。

主演の唐沢寿明は誰を演じるのかなと思ったら細川社長。

……これ、主人公、細川社長だったんですか……?

てっきり、三上野球部長かと思ったんですが。

確かに、細川が主人公と言われれば、そうかも?と思わないでもない……
むしろ誰が主人公なのか、いまひとつ、わかりづらい小説家かも。


そんな訳で、視点がくるくる変わるので、そういうところも
最初読みづらかった理由のひとつでした。


あまり、あっちこっち場面が飛ばされると、話についていくのが苦痛になる病。
これは学生の頃、一人称小説を好んで読んでいた弊害でしょうか。


それはともかく。
配役、唐沢はまぁいいとして、笹井専務が江口洋介というのは………
私のイメージでは、笹井専務は普通のおっさん、なんですが。
それも専務なので、お年もそれなりな。

解せぬ。


『半沢直樹』の大和田常務も、香川照之という配役で
ちょっと年齢若いんじゃ??と思いましたが。


『隠蔽捜査』の伊丹は、私の中ではイケメン刑事部長なのに
ドラマの配役は古田新太でした……

解せぬ。


図書館の予約が回ってきたので、次は同じ池井戸潤の『銀行総務特命』
借りてきます。
スポンサーサイト
2014-03-28 : 雑記 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

さや

Author:さや
2010年5月に化学物質過敏症を発症
ハムスターが主人公の4コマを描く予定が闘病ブログになってしまっております

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。