図書館通い

毎週図書館に通ってますが
本を借りるといっても、何を借りたらいいのか悩みます。

最初のうちは、本屋大賞を参考にしてました。
ノミネートされた本をネットで内容チェックして興味を引くものがあれば
レビューにも目を通してから借りてきます。
当たりな本もあれば、レビューで評価が高くても自分的にハズレの本もあり
実際に読んでみないと分からないですねー。

何冊か読み進めるうちに、お気に入りの作家さんとか出来るわけですが
すると借りる本が同じような作家さんばかりになるような……(汗)
佐藤多佳子とか森絵都とか。

おまけに意識してるわけではないのですけど
借りる本、なーんか女性作家率が高いような……(汗)


がしかし。
借りたい本は人気のある本も多いので予約しないとなかなか借りられません。
予約件数は1人10件までなので、そういう意味でも悩みます。
10件あるといっても、うち5件は既に長期予約待ち。
7月に予約入れても今尚40件待ちとか30件待ちとかの本もある。
何ヵ月待ちじゃー。

そういえば以前ブログにも書いた「謎解きはディナーのあとで」
これなんかは予約件数130件でした……
借りる人、何ヶ月待ちになるんだろうね(遠い目)
私は買って読んじゃったけど(そしてBOOKOFFに売っちゃったけど)
これも本屋大賞受賞作品だけど、大賞作品とは思えないほど
恐ろしくアマゾンでのレビュー評価が低いですね。
なまじ大賞受賞しちゃったからだと思いますけど。
確かに、私も大賞作品としてはむにゃむにゃと思いますけど。

今読書中なのは「天地明察」
この本も本屋大賞受賞作(2010年の)ですが、
なんだか難そうな内容についていけるかな?と思ったものの、
1/3ほど読み終えた現在大丈夫です。面白いです。
とはいえ、作中の算術方面では全然ついていけてません(笑)

*****************
追記:
「天地明察」読了しました。面白かったです。
ちょっと史実説明読んでて飽きたところもあったけど。
この小説の登場人物たちは、キャラ立ちしてますよね。
凄く人物がイメージしやすくてすんなり小説に入り込めました。
春海と関の関係性と距離感が好きです。
スポンサーサイト
2011-09-23 : 雑記 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

さや

Author:さや
2010年5月に化学物質過敏症を発症
ハムスターが主人公の4コマを描く予定が闘病ブログになってしまっております

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: