スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

自衛隊三部作

友人に勧められていた有川浩の自衛隊三部作
『塩の街』『空の中』『海の底』読了しました~。
ついでに自衛隊ベタ甘小説の『クジラの彼』も読んどきました。

自分的には
『空の中』>『海の底』>『塩の街』
って感じでしょうか。


『海の底』でザリガニくんが人間ジョッキンバリバリってのは
ちょっと、なんだ、うん、そう、まぁ、あれだったけど(って、だからどんなだ)

『海の底』に出てくる自衛隊員2名夏木と冬原のイメージが、『図書館戦争』の堂上と小牧でした。
まぁ、ちょっと違うところもあるけど
なんかイメージがね、特にビジュアル的なイメージがね、頭の中で堂上と小牧なの。
なので、堂上びいきの私としては本編作中では夏木派でしたが
番外編の『クジラの彼』を読んだら、冬原派に転身しました。

が、最後まで一気に読んでしまったのは、やっぱり生意気な中学生・圭介マジックですね。
大人気なくも、読んでてホント腹立った(笑
あ、一気に読んだというのは一部誤り。
潜水艦パートだけ、一気に読んだ。
警察パートは、後から読んだ。
ちょっとダメな人の読み方してしまいました。


『空の中』は、フェイクがかわいくてたまらんかったです。
最初はくらげで、のちにアルミの皿で、最後はひらべったい巨大アルミ板?だけど

高巳と白鯨の交渉シーンが楽しかったです。
でも、おいしいところは全て宮じいが持っていってしまいました。
年を取るなら、こんな人になりたいものです。
……果てしなくムリそうですが。



というわけで、ただいま有川浩、攻略中です。
スポンサーサイト
2011-07-13 : 雑記 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

さや

Author:さや
2010年5月に化学物質過敏症を発症
ハムスターが主人公の4コマを描く予定が闘病ブログになってしまっております

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。